MENU

NAGOYA DIAMOND DOLPHINS

MENU

NEWSニュース

HOME>ニュース>【Bリーグ第11節】12月4日(日)ゲームレポート

【Bリーグ第11節】12月4日(日)ゲームレポート

 

本日、B.LEAGUE第11節のホーム横浜ビー・コルセアーズ戦(Game2)がパークアリーナ小牧で行われました。
最大15点ビハインドから見事逆転に成功したドルフィンズは、最後に運も見方に付け75-69の6点差で2連勝!

名古屋D 〇75 - 69● 横浜
第1Q: 14 - 20 
第2Q: 12 - 19
第3Q: 21 - 15
第4Q: 28 - 15

第1Q、ドルフィンズは#24バーレル選手のパスを#12中東選手がゴール下に合わせて得点する。
その後ドルフィンズはファウルトラブルとなり苦しい時間が続く。
一方横浜は#0細谷選手がレイアップシュート、#4パーマー選手がフリースローと得点を重ねていく。
その後も横浜はアウトサイドシュートの確率が良く、#2高島選手や#4パーマー選手が3Pシュートで得点を量産していく。
一方ドルフィンズも#8張本選手が3Pシュート、#12中東選手がジャンプシュートと相手に隙を与えない。
その後ドルフィンズは審判の笛に泣かされ、#21笹山選手や#11鵜澤選手がファウルトラブルでベンチに下がってしまう。
最後にドルフィンズ#1藤永選手が3Pシュートを決めるものの14-20でドルフィンズ6点ビハインドで第2Qへ。

第2Q、ドルフィンズ#0石崎選手のレイアップシュートからスタート。
その後ドルフィンズはまたもファウルトラブルで我慢の時間が続く。
横浜#1川村選手に3Pシュートを許すと、ドルフィンズはタイムアウトを要求。
タイムアウト明け、横浜#13山田選手の3Pシュートからスタート。しかしすぐにドルフィンズ#24バーレル選手がゴール下で応戦する。
その後もドルフィンズは相手の攻撃を抑えることが出来ず、なかなか点差が縮まらない。
オフィシャルタイムアウト明け、ドルフィンズ#24バーレル選手のフリースローからスタート。
さらに#33ティルマン選手のリバウンドシュートへ続く。
なんとか点差を縮めたいドルフィンズは#0石崎選手が3Pシュート、#24バーレル選手がダンクシュートと反撃していく。
最後に横浜#0細谷選手にジャンプシュートを許すと26-39で後半へ。

第3Q、ドルフィンズ#12中東選手のバスケットカウントからスタート。
その後一瞬の隙を突かれ、横浜#1川村選手に連続でレイアップシュートを許すと、
ドルフィンズはたまらずタイムアウトを要求。
タイムアウト明け、横浜#4パーマー選手のフリースローからスタート。しかしすぐにドルフィンズ#33ティルマン選手がフリースローで応戦する。
その後ドルフィンズはオフェンスのスイッチが入り、#8張本選手が連続の3Pシュート、
#33ティルマン選手がバスケットカウントと一気に点差を縮めていく。
その後もドルフィンズはディフェンスで相手の攻撃を封じていく。
一気にリズムを掴んだドルフィンズは#0石崎選手と#11鵜澤選手が3Pシュートを決める。
するとここで横浜はたまらずタイムアウトを要求。
タイムアウト明け、横浜は#42ウォッシュバーン選手のバスケットカウントでようやく得点を重ねる。
しかし最後にドルフィンズ#0石崎選手がブザービーターを決めると47-54でドルフィンズ7点ビハインドで最終Qへ。

第4Q、ドルフィンズ#0石崎選手のレイアップシュートからスタート。しかしすぐに横浜#1川村選手がフリースローで応戦する。
その後ドルフィンズは#33ティルマン選手がバスケットカウントを決め、じわじわと点差を縮めていく。
ドルフィンズ#24バーレル選手がゴール下を決めると、横浜は慌ててタイムアウトを要求。
タイムアウト明け、いきなりドルフィンズ#1藤永選手がスティールから速攻を決め、なんとか逆転に成功する。
その後両者得点の取り合いが続き、横浜にシュートを決められるがドルフィンズ#24バーレル選手がゴール下で相手に流れを渡さない。
ドルフィンズ#33ティルマン選手の3Pシュートが決まると、オフィシャルタイムアウト。
オフィシャルタイムアウト明け、横浜#4パーマー選手のジャンプシュートからスタート。
しかしすぐにドルフィンズ#33ティルマン選手がまたも3Pシュートで得点を重ねていく。
その後横浜はドルフィンズの激しいディフェンスに対し、シュートを決めることができない。
するとドルフィンズは#0石崎選手がディフェンスを寄せ付けると、ゴール下で待ち構える#24バーレル選手がノーマークとなる。
ここをチャンスと#24バーレル選手が豪快なダンクシュートを決めると、会場のヴォルテージ最高潮となる。
ドルフィンズは息を整えるためにタイムアウトを要求。
タイムアウト明け、横浜#4パーマー選手のフリースローからスタート。
しかしすぐにドルフィンズ#24バーレル選手が安定の1on1で得点を重ねる。
残り0:06試合が動く。
横浜#42ウォッシュバーン選手が審判の判定に抗議し、テクニカルファウルを取られてしまう。
するとドルフィンズに最初のシュート体勢時のファウルの2本とテクニカルファウルの1本、
合計3本のフリースローとボールポジション(攻撃権)が与えられる。
それを本日MVPのドルフィンズ#6船生選手がしっかりとこのフリースローを決めると勝負あり。
最大15点ビハインドから見事逆転に成功したドルフィンズは、最後に運も見方に付け75-69の6点差で2連勝!

【レジー・ゲーリーHC 試合後コメント】
第1Qのファウルトラブルで全体的にリズムが崩れてしまったと思います。
その後、横浜は上手くアタックしフリースローにたどり着けていました。
リズムが崩れて前半を13点差で終えることになりました。

でも、今日は#0石崎選手、#1藤永選手、#33ティルマン選手がすごくいい仕事をしてくれました。
#33ティルマン選手は特に相手の外国籍選手のファウルを取ってくれて
第4Qに入るときにリードを縮めてくれたと思います。
第4Qはお互い差がなかったですが、最終的にうちのほうが良くできたと思います。
後半ドルフィンズファミリーの声援も大きくなり、ホームで2勝できたのはとても嬉しく思います。

【#6 船生 誠也 選手 試合後コメント】
今日はゲームの入りも、途中もあまり良くなかったですが、
チーム全員で勝ててとても良かったと思います。
連敗が続いてましたが、今週末は連勝ができてよかったです。
勝つとみんな元気で明るくていい雰囲気になるので
勝ち続ければもっと良くなってくると思います。
どんどん勝ち続けたいと思います。
いつも熱い応援ありがとうございます。
これからもどうか熱いご声援よろしくお願いします。

フォトアルバムはこちら:12月4日(日)名古屋D vs 横浜戦
BOXスコアはこちら:名古屋D 〇75 - 69● 横浜

今週はすぐにアウェーのレバンガ北海道戦(東地区)との対戦があります。
【NEXT GAME】
ドルフィンズ vs レバンガ北海道 @北海きたえーる
2016年12月9日(金)19:10Tipoff
2016年12月10日(土)15:00Tipoff

【NEXT HOME GAME】
ドルフィンズ vs サンロッカーズ渋谷 @愛知県体育館
2016年12月17日(土)14:00Tipoff
2016年12月18日(日)14:00Tipoff

  


 

オフィシャルパートナー

オフィシャル・ウェア・サプライヤー

ニュートリションパートナー