名古屋ダイヤモンドドルフィンズ

NAGOYA DIAMOND
DOLPHINS

HOME>Dolphins Smile(ドルフィンズスマイル)

Dolphins Smile(ドルフィンズスマイル)

Dolphins Smile(ドルフィンズスマイル)イメージ画像

ドルフィンズスマイルについて

“Dolphins Smile”は、名古屋ダイヤモンドドルフィンズが、地域への感謝の気持ちとして実施する社会貢献プロジェクトで、「オフコートの3P」をコンセプトに、ドルフィンズコミュニティが笑顔になれるよう、地域貢献活動をリードします。

「オフコートの3P」は、”Planet”(地球を守る)、 “People”(支援が必要な人に手を差し伸べる)、 “Peace”(平和・安心安全)の3つのPを基軸に、コミュニティの抱える課題やニーズに応える形で実施し、プロスポーツクラブとして、世界が一丸となって社会問題に挑むSDGs(持続可能な開発目標)に貢献します。

ドルフィンズを応援してくださるファンやパートナー企業の皆さまとともに、また自治体やNPOなど地域社会のお力添えをいただきながら、ドルフィンズコミュニティがひとつのチームとなって、より良い未来に貢献するため、オフコートでも全力を尽します。

なぜ社会貢献プロジェクトに取り組むのか
~ドルフィンズの社会的責任~

名古屋ダイヤモンドドルフィンズは、歴史と伝統を誇る国際都市名古屋をベースに、「地域から誇りに思ってもらえるスポーツクラブ」を目指し、バスケットボールのゲームを通して夢と感動を届ける事業を運営しています。その事業は、ホームゲームや日々の地域活動を通じて、多くの方々に応援、ご協力を頂くことで初めて成立するものであり、地域社会はドルフィンズにとってかけがえのないパートナーです。

世界は今、気候危機問題や災害リスク、新型コロナウイルスなど、未曽有の窮地に立たされていますが、ドルフィンズは、人と人の心をつなぎ、ともに困難を乗り越え、弱い立場にある方々を勇気づけるスポーツの力を信じています。

そして、夢や希望を与えるだけでなく、スポーツの力を活用した Planet, People, Peace の3つの分野における「オフコートの3P」アクションを通して、Bリーグと同じ年に採択、始動したSDGsの達成に貢献し、プロスポーツクラブとしての社会的責任を果たします。

SDGs(エスディジーズ)について

  • SDGsは、2030年に向けて世界が合意した「持続可能な開発目標」です。
    ・世界各国の各分野のリーダーや活動家など、地域からの声を集めて世界が一丸となって協力して取り組む17の目標を選びました。
  • 2001年~2015年までの目標だったMDGs(ミレニアル開発目標)が主に発展途上国支援を目的としたものだったのに対し、SDGsは地球上のすべての人が取り組むこととしての共通認識があり、「誰一人取り残さない」というキャッチコピーを掲げているところに特徴があります。
  • SDGsの17の目標は、相互に複雑に絡み合っていますが、17番目の目標は、目標達成のために様々な機関が協力することを掲げています。

「オフコートの3P」アクション
~ Planet, People and Peace ~

名古屋ダイヤモンドドルフィンズは、ドルフィンズスマイルの活動を通して、「オフコートの3P(Planet, People, Peace)」の各分野における地域社会に根差した社会課題・社会問題の改善に努め、ファンやパートナーとともにSDGsの達成に貢献します。

そして、健全な地域社会の発展に寄与し、また地域社会から誇りに思ってもらえるような活動を展開できるよう、全力を尽くします。

Planet

地球環境・気候変動(危機)問題への取り組みは、私たちがプロスポーツ事業を運営していく上で最も重要な課題です。

気候変動問題が深刻化すれば、事業の運営は困難を極め、子どもたちも好きなスポーツをすることができません。  また地球環境が悪化すれば、日常生活を営むことさえできなくなります。

ドルフィンズは、世界で一丸となって取り組んでいくべきこの重要課題に対し、環境に配慮した事業運営に努め、またファンとともに地球環境に貢献するための活動を継続的に実施してまいります。

また、世界最多の競技人口を誇るバスケットボールを事業とするクラブとして、ドルフィンズは、ファンやパートナー、また地域社会、そして世界中のバスケットボール界とも手を携え、これから生まれてくる子どもたちのためにも、地球環境の改善に務めます。

People

ドルフィンズは、地域社会において、弱い立場、苦しい状況にある人々に支援の手を差し伸べ、人権・ダイバーシティ等に関する人的環境の改善に取り組みます。

また、経済的・社会的に恵まれない境遇にある子どもたちや、苦しい状況にある人々に笑顔や希望を届け、より多くの方々が健康で豊かな生活を送ることができるようサポートします。

Peace

ドルフィンズは、地域社会の人々が安心して暮らせるまちづくりに貢献します。また、防災・減災の意識向上のための活動に従事します。

さらに、世界共通言語としてのスポーツ、そして世界最多の競技人口を誇るバスケットボールを事業とする世界を目指すクラブとして、世界の人々がスポーツを通じてつながり、平和を実現するための活動に尽力します。

代表者挨拶

名古屋ダイヤモンドドルフィンズは、日本バスケットボール界の歴史的統合を機に、企業スポーツから地域密着型のプロクラブに生まれ変わりました。
そして、プロスポーツクラブにとって、ファンの皆さまを初め、パートナー企業様、また地域社会の皆々様から応援していただけることがいかに大きな力となるかを学びました。

皆さまからの応援、ご支援ご協力に、ひとつでも多くの試合に勝利するという形でお応えすべく、選手やコーチ、スタッフが全力で取り組むことは当然ですが、ドルフィンズは、日々の喜びや悲しみを地域社会と分かち合い、ともに苦難を乗り越え、よりよい未来に貢献する存在でありたいと思っています。

「ドルフィンズスマイル」は、ドルフィンズが、地域に貢献するため、皆さまにもお力添えを頂きながら、笑顔溢れるコミュニティを目指しリードする活動です。
ドルフィンズのホームゲームのように地域社会が一丸となり、未来に寄与できるよう尽力し、プロクラブとしての社会的責任を果たします。そして、オンコートでも、オフコートでも、大変な状況や危機にも立ち向かい、全力を尽くすことをお約束いたします。

名古屋ダイヤモンドドルフィンズ
代表取締役常務取締役
山下 雄樹